元乃木坂46の相楽伊織さんが、Bリーグ・サンロッカーズ渋谷2020−21シーズンのチームナビゲーターに就任することが明らかになった。(シブヤ経済新聞)

 バスケットボールのボールのプレー経験5年という相楽さん。小学校の時にバスケットボールを始め、レイアップシュートやバックシュートが得意という。自身のSNSでは「1番大好きなスポーツであるバスケにこのような形でまた関われることになりとてもうれしい反面、とても緊張している」と喜びを表現し、「より多くの方にバスケの楽しさ、サンロッカーズ渋谷の魅力を伝えていきたい」とコメントを寄せる。

 就任の知らせにファンからは「おめでとう」「頑張って」「バスケの試合見に行って見たい」などの声に加え、やんちゃなキャラクターで知られるサンロッカーズ渋谷のマスコット・サンディーに「気を付けて」という声も届いている。

 活動としては、試合会場内でのアナウンスやSNSなどを通じてチームの情報・魅力の発信を行っていく。会場(ホームアリーナ・青山学院記念館)での活動は10月10日の千葉ジェッツ戦からで、同日の試合前には会場でファンたちに向けあいさつも行う予定。