虎ノ門の南インド料理店がラッシーのテークアウト販売 仕事の合間の一息に

虎ノ門の南インド料理店がラッシーのテークアウト販売 仕事の合間の一息に

 新橋と虎ノ門を結ぶ環状2号線「新虎通り」沿いの南インド料理店「ナンディニ 虎ノ門店」(港区西新橋2、TEL 03-6809-2748)が8月5日、テークアウトメニューとしてラッシーの提供を始めた。(新橋経済新聞)

 ディナーメニューで提供しているチキンビリヤニ

 同店は「インド人シェフによる本場の南インド料理」をコンセプトに、今年4月にオープン。オーナーのクリスタイア・ラマナイアさんが現地で下積み10年間を共にしたというインド人シェフ8人が料理を提供している。店舗面積は25坪。席数は50席。

 2015年2月に清澄白河に1号店をオープン。2号店を開くに当たり、今後2020年のオリンピック開催に向け、新駅の開設や都市開発が進み注目を集めているエリアを期待し、新虎通り沿いを選んだという。

 今回、周辺で働いている人たちが「一息つきたい時に手軽に楽しめる手作りのドリンクとして、カフェやコンビニに並ぶ『もう一つの選択肢』になれれば」と同メニューの提供を始めたという。

 同メニューは、「それは、この街がいとおしくなる味」をテーマに、「プレーン」「マンゴー」「キャラメル」「ココナッツ」「ローズ」(以上、レギュラー=300円、ラージ=350円)など7種類を用意。今月15日まで、ランチやディナーの食事をした人には1杯100円で提供する。そのほか、ラッシーを使ったフルーツアイスクリームも提供する。

 ラマナイアさんは「働く日々も限られた人生の大切な一部。いつか振り返った時に、この街で過ごした時間をいとおしく思い出していただけるように、心を込めた料理とサービスを目指している」と話す。「高いビルの上の青空を見上げて、甘いラッシーを一口。そんな瞬間を提供できれば」とも。

 営業時間は、ランチ=11時〜15時、ティータイム=15時〜17時30分(平日のみ)、ディナー=17時30分〜22時30分。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索