大久保公園「新宿シーフードマニア」でマグロ解体ショー

大久保公園「新宿シーフードマニア」でマグロ解体ショー

 大久保公園(新宿区歌舞伎町2)で開催中の「新宿シーフードマニア2019」内の目玉イベントとして、生の本マグロを使った「マグロ解体ショー」が11月9日、歌舞伎町に店を構えるマグロ料理専門店「まぐろ商店」(歌舞伎町1)のブース内で行われた。(新宿経済新聞)

 解体前の生本マグロ(約35キロ)

 「これから卸すのは35キロほどある長崎県産の生の本マグロ。別名『黒鮪』。漁師でも分からないくらい雌雄を判別するのは困難」「『ネギトロ』とは土を根っこから掘る土木用語『根切り取る』と動作が似ているため呼ぶようになった」など、マグロのうんちくを交えながら解体の過程を解説する同店スタッフの椿(つばき)さん。マグロは頭、背(左右)、腹(左右)の順に解体を進め、部位が包丁で切り取られる度に「せーの」「よいしょ」と椿さんと観客のコールアンドレスポンスが入り、にぎわいを見せた。

 「店では豊洲から毎日生のマグロを仕入れ、解体ショーをはじめとしたイベントを毎日行っている」と椿さん。このブースでは「まぐろの生ハムサラダ」「サシミ ソーヴィニヨン ブラン」など、白ワインとのフードペアリングメニューも提案している。

 「新宿シーフードマニア2019」は11月24日まで。開催時間は11時〜21時。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る