山口県下松市の公式マスコットキャラクター「くだまる」が、「ゆるキャラグランプリ2020」に初エントリーしている。(周南経済新聞)

 【写真】「稲穂祭・きつねの嫁入り」で子どもらに手を振る「くだまる」

 「コロナに負けるな!みんなで頑張ろう!くだまるプロジェクト」の一環。同グランプリに参戦することで、市民の元気づけ活動や地域活性化を図る。

 全国各地に根差し活動する「ゆるキャラ」たちの日本一を決める「ゆるキャラグランプリ」。2011(平成23)年に始まった同グランプリも、今年で最後の開催となっており、昨年、市制80周年を記念して生まれた「くだまる」にとって、最初で最後の挑戦となる。

 現在、400体近くがエントリーする中、ご当地ランキング94位の「くだまる」は「みんなを元気にできるよう、精いっぱい頑張るので、応援よろしくね」と投票を呼び掛けている。

 投票は、ゆるキャラグランプリ公式サイトから1人、1日1回行える。投票期間は9月25日18時まで。結果は10月3日・4日に発表される。