高砂で自然環境を学ぶ「ホタルの飼育体験教室」

高砂で自然環境を学ぶ「ホタルの飼育体験教室」

 高砂市中央公民館兼伊保公民館(高砂市伊保東)で自然環境を学んでもらおうとホタルの飼育体験教室が5月26日と6月23日の2回シリーズで行われる。主催は同公民館。(高砂経済新聞)

 教室で飼育するヘイケボタル

 同公民館では、昨年度から理科教室を開いており、同教室もその一環。ホタルの飼育体験は今回が初めて。市内でホタルの生育する環境を守る活動をするボランティア団体「ビオ・浜っこ」が協力しヘイケボタルを提供する。

 教室では、ボタルを観察し座学で生態を学ぶ。さらに希望する参加者は卵や幼虫を持ち帰り飼育体験を行うことができる。

 同公民館館長で、ゲンジボタルとヘイケボタルの飼育経験を持つ横道隆一さんは「参加者にはホタルの生育環境を考え今の生活環境との変化を学んでもらい、どうしたら元の環境に戻るのかを考えてもらいたい」と話し、「夏休みの自由研究にも役立つので、ぜひ親子で参加してほしい」と参加を呼び掛ける。

 同教室は2回のシリーズだが、1回のみ参加も可。秋から冬の間に参加者で周辺の水質調査を行いホタルの放流に適した生育環境を調べる計画もある。

 開催時間は、5月26日が19時〜20時、6月23日が10時〜11時30分。参加無料(事前申し込みが必要)。問い合わせは同公民館(TEL 079-447-2247)まで。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

兵庫 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索