ホテルニューオータニ博多(福岡市中央区渡辺通1)1階「カフェ&レストラン グリーンハウス」が7月11日から、「ココ・ビュッフェ」のランチとディナー営業を再開した。(天神経済新聞)

 【写真】料理を取り分けするシェフ

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため3月7日からビュッフェ形式の営業を休止していた「カフェ&レストラン グリーンハウス」。今回、来店客に安心して食事を楽しんでもらおうと、3密を回避し、衛生面を強化した新しいサービススタイルでビュッフェ営業を再開した。

 以前は、大皿盛りの料理を客がトングを使い好きな分取り分けるスタイルだったが、新スタイルでは、オードブルやサラダ、デザートは個々盛りのお皿をビュッフェ台にディスプレーし、客がトングを使うことなく取れるようにした。また、料理にはフードカバーを設置する。

 メインディッシュは、シェフが好きなだけ取り分けるサービスを行うほか、一部メニューとホテルブレッド、ドリンクはスタッフがテーブルで注文を受けてサービスする。スタッフはフェースシールドとマスクを着用し、スタッフと客との間にはアクリルボードを設置するなど新型コロナ感染防止対策に取り組む。

 「ココ・ディナービュッフェ」の営業時間は土曜=17時〜20時、料金は、大人=4,500円、65歳以上=3,500円、小学生=2,500円、幼児=900円。「ココ・ランチビュッフェ」の営業時間は日曜=11時30分〜15時、料金は、大人=3,500円、65歳以上=2,500円、小学生=1,500円、幼児=800円。以上税別。