旧堂島ホテル建て替え 2020年に外資系高級ホテル開業へ

旧堂島ホテル建て替え 2020年に外資系高級ホテル開業へ

 大阪の旧「堂島ホテル」(大阪市北区堂島浜2)が取り壊され、2020年に約300室の外資系ホテルが開業する。(梅田経済新聞)

 重厚な装飾で関西財界人らに親しまれた

 2016年12月に施設の老朽化などを理由に閉館した同ホテル。建物は解体し、跡地約1607平方メートルに11階建て程度、延べ床面積約1万3800平方メートルのホテルを新築する。宿泊料2万〜3万円台の宿泊主体型「アップスケール(高級価格帯)ホテル」になる予定。

 再開発は、三菱UFJリースグループのMULリアルティインベストメント(東京都千代田区)と片山工業(大阪市中央区)、ウェルス・マネジメント子会社のリシェス・マネジメント(東京都港区)が手掛ける。ホテルの開発・運営にはリシェス社のノウハウを活用する。

 訪日観光客の増加や2025年の国際博覧会(万博)誘致を背景に、徒歩圏内に大阪駅や北新地、中之島がある立地を生かし、外国人旅行者の取り込みを狙う。着工は2018年度になる見込み。

 既存建物は、ウェルス社と米ゴールドマン・サックス・グループが2015年11月に取得し、今年6月に特別目的会社「合同会社アール・アンド・ケイ」へ転売された。

 ウェルス社は、2015年8月にフランスのホテルチェーン大手、アコーホテルズの日本法人と業務委託契約を結び、ホテル運営事業へ進出。同チェーンはアップスケールブランド「プルマン」などを展開している。

 旧堂島ホテルは1984年開業。客室数76室。西洋風の荘重(そうちょう)な外観、装飾で知られ、関西財界人らに親しまれた。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索