「きっしゃん 松 永楽町店」(大阪市北区曽根崎新地1、TEL 06-4797-8129)が7月1日、大阪・北新地にオープンした。運営はエム・ジェイ・ワイ(大阪市淀川区)。(梅田経済新聞)

 【写真】看板メニューの肉ずし

 佐賀牛をはじめとする国産牛・黒毛和牛がリーズナブルに食べられる焼き肉店として1995(平成7)年、西中島に1号店をオープン。現在はあべのハルカス(阿倍野区阿倍野筋1)や大阪高島屋(中央区難波5)、タイなどに8店舗を展開する。永楽町店の席数は、カウンター=6席、テーブル=23席。

 在籍するのは日本料理店「竹葉亭」や「春帆楼」で料理長を務めた料理人。和牛のタンを昆布で締めた「和牛白タンの昆布締め握り」(1,650円)、「みすじの炙り寿司 甘ダレかけ」(1,078円)など肉ずしを充実させるほか、白和えをヒントに作った「白いユッケ」(2,310円)、薄くスライスした牛肉に割り下を塗って、ムース上にした卵白につけて食べる「すき焼きロース」(2,079円)など、和食から着想を得たメニューをそろえる。

 担当者は「隠れ家のようなお店を目指しているので、店先に店名は掲げていない。特別な場面で使ってもらえるお店にしていけたら」と話す。

 営業時間は17時〜23時。日曜定休。