埼玉スタジアムで「浦和レッズ夏フェスタ」 ホームゲーム2日間でイベント多彩に

埼玉スタジアムで「浦和レッズ夏フェスタ」 ホームゲーム2日間でイベント多彩に

 埼玉スタジアム(さいたま市緑区)で8月5日・19日、浦和レッズのホームゲーム2試合を「レッズサマーフェスタ」と題してイベントが行われる。(浦和経済新聞)

 イベントの去年の様子

 5日の大宮アルディージャ戦では、「ビールフェスタ」が開催される。アイルランドの赤いビール「キルケニー」(600円)、軽井沢の醸造所が造った香り豊かな「よなよなエール」、ニューヨークで人気の「ブルックリンラガー」(以上700円)など15種類のビールを提供する。浦和レッズが勝利した時には、「勝利のアフタービール」として生ビールやクラフトビールが100円引き、缶ビールが50円引きに。

 毎回多くの人でにぎわうトレーディングカードは、選手のプレー写真や歓喜のシーン、迫力のある表情などがそろう。子ども向けに、水遊びのできる「ぴちゃぴちゃ広場」や企業のブースでゲームやプレゼントを進呈するなどの企画も。

 19日のFC東京戦では、「夏祭り」をテーマに屋台が並び縁日の雰囲気に。ハズレなしの「HAPPYくじ」は、サイン入りユニホームやボール、ポスターなどが当たる。埼玉県白岡産の地産地消のフードブースと同チームパートナーMeijiのアイスバーを販売。

 白岡市名物の梨(幸水100円)も販売する。「白岡美人」という愛称で親しまれ、爽やかな甘みと豊富な果汁が特徴。白岡産フローズンブルーベリー(300円)は、生地にブルーベリーを練り込んだ白岡市銘菓の蒸しどら焼きに、白岡産のブルーベリーをフローズンにして合わせた。Meijiのアイスバーは、明治エッセルスーパーカップの新作やフルーツヨーグルト味など13種類のアイスを提供する。

 同チームイベント担当の柳紫乃さんは「子どもも大人も楽しめるイベントをたくさん用意している。夏休みの思い出の一ページをスタジアムでつくってほしいという思いで企画した。家族そろって楽しい夏の一日を過ごしてくだされば」と話す。

 開場は16時(試合開始は19時)。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

埼玉のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索