宇部の持ち帰りギョーザ専門店「餃子(ギョーザ)工房 穂満」(宇部市島2、TEL 0836-31-2220)が5月1日、手作りギョーザセット「おかあさんといっしょ」の販売を開始した。(山口宇部経済新聞)

 【写真】交通量が多い道路沿いの「穂満」の外観

 ギョーザの具と皮を別々にして、あえて包まずに販売。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、店主の宮原亨さんの「家で親子の時間を楽しんでほしい」との思いで、初の試みとして企画した。

 「2〜3年前から構想は持っていたが、手軽さが売りの中でお客さまに手間を掛けさせてしまうことに葛藤がありこれまで商品化できなかった。家にいる時間が長い今こそ、家族でコミュニケーションを取りながら包んでもらい、食に対する興味を持つことやストレス発散にもなれば」と宮原さん。

 セットは、ギョーザ30個分の具材約500グラムに皮30枚とつけだれ。価格は1,000円。通常は30個1,350円だが、包む手間がないことから値段を下げた。

 創業25周年を迎えた同店。宮原さんは「中食の需要の高まりを日々感じている。どこまで需要があるのか不安もあるが、ご家庭で具材を足してオリジナルのギョーザを作って楽しんでもらえたら。ギョーザはスタミナ食なので、しっかり免疫を高めて元気を出してもらいたい」と話す。

 営業時間は9時〜19時。火曜、第1・第3・第5日曜定休。