将来の医療、学生模索 本県で24年ぶり医ゼミ

将来の医療、学生模索 本県で24年ぶり医ゼミ

 第60回全国医学生ゼミナール(医ゼミ)は11日、宮崎市の清武文化会館で始まった。全国の学生ら約200人が、発表や意見交換を通じて医療の在り方や将来の医療者像などを考えた。13日まで。

 医ゼミは毎年開かれ、本県では24年ぶり。初日の11日は全国実行委員長を務める信州大4年の河野絵理子さんが基調報告し、1955(昭和30)年に始まった医ゼミの歴史などを紹介した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

宮崎日日新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

宮崎 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索