分断3カ月、復旧へ県民安堵 JR日豊線

分断3カ月、復旧へ県民安堵 JR日豊線

 土砂崩れで不通となっているJR日豊線の臼杵(大分県臼杵市)-佐伯(同県佐伯市)が、12月18日に運転を再開すると発表された14日、復旧を待ち望む利用者や本県の関係者からは安堵(あんど)の声が上がった。一方で、重要な公共交通機関が約3カ月にわたり分断される事態に、地域交通の在り方を問う声も聞かれた。

 食のまちづくり「東九州バスク化構想」を佐伯市と進める延岡市。延岡観光協会・谷平興二代表理事(71)は「大分と東九州道でつながっているが、車を運転しない高齢世代や電車の旅を好む観光客もおり、集客に鉄道は不可欠。正式に復旧の日にちが決まり、安心した」と話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

宮崎日日新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

宮崎 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索