わずかな収穫未来の希望へ えびのの西郷営農

わずかな収穫未来の希望へ えびのの西郷営農

 霧島連山・硫黄山(1317メートル)の噴火後、えびの市の長江川が白濁した影響で、管理するほとんどの農地で稲作を諦めた同市西郷の農業法人「西郷営農」(種子田幸三郎代表、社員7人)。唯一作付けができた52アールの農地で11日、社員3人が稲刈り作業を行った。わずかな土地で無事に収穫期を迎えられたことに喜びを感じる一方で、来季の作付けはいまだ不透明。社員らは先行きの見えない不安と闘っている。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

宮崎日日新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

宮崎 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索