日向市と県解体工事業協同組合(原田忠男理事長、46社)は、「大規模災害時における被災建物の解体撤去等に関する協定」を結んだ。地震や火災など大規模災害が発生、または発生が懸念される場合、市は同組合に応援を要請。加盟企業の解体用重機やダンプカーなどで救助活動を妨げる建物を解体、撤去できる。