恒例の「第73回都城植木市」(都城植木市振興会、都城商工会議所主催)は20日、都城市の神柱公園で始まった。市内外7業者が花や野菜の苗や植木など約2千種30万本を販売。新型コロナウイルス感染症の影響で例年より出足は少なめだが、快晴の下、お目当ての植物を買い求める来場者の姿が見られた。4月30日まで。