木城町は新年度から、性的少数者(LGBTなど)のカップルを結婚に相当する関係として公認する「パートナーシップ宣誓制度」を導入する。町総務財政課によると、県内では宮崎市に次ぎ2番目で、町単独では全国で2例目。法的な婚姻関係を認めるものではないが、家族での転入が条件である奨励金や町営住宅入居の申請ができるようになる。