ばあちゃん、6年間ありがとう―。小林市細野の黒木愛子さん(69)は、同居する孫の細野小6年・琴音さん(12)と、入学時からほぼ毎日、一緒に登校してきた。25日の卒業式は、2人でいつもの道を歩く最後の日。新型コロナウイルス感染症の影響による臨時休校で失った時間の分まで、一歩一歩踏みしめる。