新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大型連休中に交代制で患者を診察する「休日在宅医」を担う病院が感染リスクへの警戒を強めている。大型連休中は例年、患者で混雑し、県外からの帰省者や観光客の来院も想定される。このため屋外で診察できる態勢を整えるほか、隔離できる部屋を設けるなど対策に乗り出す動きも。医療関係者は「急を要しない受診は控えて」と呼び掛けている。