県版レッドデータブックの絶滅危惧IB類に指定されているクマガイソウが、高千穂町押方の自生地でひっそりと開花した。標高約650メートルの杉林の木漏れ日の中で、薄紫色の袋状の花が神秘的に輝いている。