新型コロナウイルスの感染対策としてスナックやバーに出されていた県の休業要請が解除され、「強い警戒態勢」へと移行した11日夜、県内の繁華街では多くの店が営業を再開したが、以前のにぎわいはなかった。経営者らの間には「ぎりぎりで営業を続けるしかない」「繁華街がにぎわいを取り戻すきっかけになれば」と、先行きへの不安と期待が交錯した。