新型コロナウイルス感染対策のためマスク着用が進む中、エアコンのない県内の小学校で夏本番を前に熱中症のリスクが高まっている。今月になって各地で30度以上の真夏日を記録、教室の室温も30度を超える日があり、マスクにより体温調整ができず軽度の熱中症となる児童も既に出ている。新型コロナの臨時休校で減った授業時間を確保するため夏休みを短縮する学校もあり、マスク着用と熱中症対策を巡り教育現場は大きな不安に包まれている。