県内は九州南部に停滞する梅雨前線の影響で、4日午前8時半までの24時間雨量が西米良村で382ミリ、えびの市えびの高原で354ミリに上るなど大雨となっている。県危機管理課によると、午前9時現在、県内で土砂災害や住宅浸水の被害などは確認されていない。
 宮崎地方気象台によると、4日は昼前まで県南部で雷を伴った強い雨が見込まれているが、次第に小康状態となる見通し。
 雨の影響で午前9時現在、宮崎自動車道えびのJCT―都城IC、九州自動車道えびのIC―栗野ICは上下線ともに通行止めが続いている。東九州自動車道の日南北郷―日南東郷ICは通行止めが解除された。
 JRは日豊線の特急「きりしま」(宮崎―鹿児島中央)が午前中の運休を決定。快速・普通列車は吉都線と日南線の全線、日豊線の南宮崎―鹿児島が始発から運転を見合わせている。
 高速バスも福岡、熊本、新八代、鹿児島、長崎、延岡間の一部で運休が決まっている。