宮崎市と都城市は31日、新型コロナウイルスの感染拡大対策で、休業や時短営業の要請に協力した飲食店に対し、協力金とは別に、店舗ごとに独自に支援金10万円を上乗せして支給すると発表した。また、宮崎日日新聞のまとめでは、5市7町1村が同様の独自の支援金の支給額を明らかにしており、時短要請店へは自主休業を含めて5万〜15万円の支給を設定している。