県は23日、バブル崩壊後に就職難だった30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」を対象に、2022年度までの3年間で一般事務職員10人程度を採用すると発表した。来春は3人程度を採用する。