宮崎銀行は23日、無担保ローンの繰り上げ完済が行われた際に客側へ返されるべき保証料が、一部返されていなかったと発表した。返金漏れの対象は2442件、手数料などを差し引いた返金額は総額3971万6千円だった。同行から保証会社に提出する完済報告書の作成を徹底していなかったことが原因。