JR日豊線の川南駅で車いす利用者が事前予約なしに乗降介助を受けられなくなった問題で、JR九州の青柳俊彦社長は24日、「全ての駅に駅員を常時配置すれば、多大なコストがかかり路線維持の観点から非常に厳しい。障害のある人を含め地元とよく議論しなくてはいけない」との考えを示した。