県教委は28日、来年2、3月に行う県立高校入試について、新型コロナウイルス感染拡大による休校や生徒の習熟度などを考慮し、推薦と一般入試で出題範囲を例年より縮小すると発表した。県教委によると、一般入試は通常、教科書の全範囲から出題しており、出題範囲の縮小は「異例の対応」としている。