宮崎労働局(名田裕局長)は、県内の新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めが少なくとも588人(23日時点)に上ると発表した。業種別では製造が約半数を占め、宿泊約10%、小売約7%、飲食、サービスが各約6%だった。同局は「なんとか雇用を維持している事業主が多い。引き続き注視が必要」と分析している。