9月の台風10号による土砂崩れで1人が死亡、3人が行方不明となった椎葉村を支援しようと、大阪府枚方市で同村のアンテナショップを運営する同村出身の椎葉重男さん(70)と、妻の哉子(かなこ)さん(65)は、同村産品や県産品の詰め合わせを販売、売り上げの一部を村に寄付する準備を進めている。夫婦は「物産品を購入してもらい、復興につなげたい」としている。