新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自殺相談を受ける「宮崎いのちの電話」の相談員確保が難しくなっている。高齢ボランティアが多く、感染リスクを考慮して活動を自粛しているためだ。一方、コロナ関連の相談が相次いで寄せられ、県内の自殺者数は夏場以降、増加傾向にある。相談体制の縮小を余儀なくされている中で、関係者は危機感を強めている。