高病原性の疑いのある鳥インフルエンザ「H5亜型」のウイルスが確認された都城市高崎町の養鶏場で、ブロイラーの殺処分を進めている県は3日、午前9時時点で、同養鶏場で飼育されている約3万6千羽のうち、約2万4千羽を殺処分したと発表した。