J初陣へ始動―。サッカーJ3テゲバジャーロ宮崎が24日、今年初の練習を行った。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、非公開で実施。3月14日の開幕に向け、新戦力も加わった”白のイレブン”が汗を流した。JクラブではJ1広島が本県入りするなど、本県でのキャンプも2月にかけて本格化する。
 テゲバは昨季の日本フットボールリーグ(JFL)2位で、県勢初のJ昇格を達成。今季は掲げるスローガン「真摯(しんし)」に沿って強化を継続し、J3福島のMF前田椋介(日南市出身、宮崎産業経営大出)や、内藤就行(なるゆき)新監督ら新メンバー4人がチームに合流した。