苦戦のサンマルクカフェ 人気のデザートとランチが復活の鍵?

苦戦のサンマルクカフェ 人気のデザートとランチが復活の鍵?

 カフェ「サンマルクカフェ」やベーカリーレストラン「サンマルク」などを展開するサンマルクホールディングスが苦戦を強いられている。

 2018年3月期の売上高は515億円で前年同期からの微増を見込んでいるものの、純利益は26億円で前期比25.3%減と大幅減益予想となっている。また、今期の新規出店は46店舗で、前年同期の68店舗から20店舗以上減少。2015年、2016年はいずれも90店舗以上の新規出店があったことを考えると、かなりのペースダウンと言わざるをえない。

 厳しい状況にあるサンマルクホールディングスだが、そのなかでもっとも店舗数が多いのが「サンマルクカフェ」だ。外食チェーンに詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

「現在国内に約400店舗を展開しています。スターバックスやタリーズコーヒーに比べるとかなりカジュアルな雰囲気。看板商品の『チョコクロ』は根強い人気です」

『チョコクロ』はクロワッサン生地でチョコを包んだ定番メニューで、1個170円(税別、以下同)。まとめ買いをして差し入れに活用する人も多いという。

「サンマルクカフェは、デザートも充実しています。デニッシュパンにソフトクリームとキャラメルソースがトッピングされた『デニブラン』(390円)や、『自家製コーヒーゼリーパフェ』(490円)、『ストロベリーパフェ』(590円)など、ソフトクリームを使ったメニューが人気です」(小浦氏)

ボリュームを考えたら割安? デザートの熱狂的ファンも

 業績面では苦戦を強いられているサンマルクカフェだが、熱いファンは少なくない。20代の女性Aさんは、サンマルクカフェでランチを摂ることが多い。

「ドリンクとチョコクロともう1品パンメニューがついたバリューランチセットが550〜670円。よく食べるのは『やみつきドッグセット』(600円)です。珈琲もおいしいので、お得感があります」

 また、一部の店舗ではパスタを扱っており、こちらも人気が高いようだ。

「週替りでいろいろな種類のパスタが食べられます。価格も500円程度のものが多く、お財布にも優しいと思います」(Aさん)

 一方、サンマルクカフェのデザートメニューが大好きだというのは、30代の男性Bさんだ。

「濃厚なソフトクリームがおいしい。パフェも、ソフトクリームとソースとコーンフレークなどを使ったシンプルな盛り付けなんですが、これがまた飽きがこない。値段は390円から590円くらいですが、ボリューム的には割安に感じますね」(Bさん)

 店舗によってメニューは異なるが、デザートだけで15種類ほどあるという。

「全メニューをローテーションさせて食べています。私の中で、サンマルクカフェはデザートのお店というイメージです」(Bさん)

 ファンからは根強く愛されているサンマルクカフェ。これらファンの言葉の中に、復活のヒントが隠されているかもしれない?


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索