小学生からお年玉で積立投資 子供が学んだ投資の仕組みと増やす喜び

小学生からお年玉で積立投資 子供が学んだ投資の仕組みと増やす喜び

 お金をどう稼ぎ、どう使うか──子供に正しい金銭感覚を身につけてもらうためには、「お金の教育」が大切だ。特に低金利の今、銀行預金には期待できない。これからは投資の知識がないとお金は増えない時代となっている。親子で一緒に学んでみよう。

親が子供に見本を示せなくてもOK!

「今の時代、資産運用の方法は、絶対に学ばないといけないこと。元手となる財産を増やしていく術を知らないと、老後資金まで貯められません。しかし、投資については、大人でもよくわかっていない人が多いのが現状です」(ファイナンシャルプランナー・八木陽子さん)

 そんな、大人でもわからないことを、子供にどう教えればいいのか。

「親が子供に見本を見せたり、教える必要はありません。一緒に学べばいい。逆に、“私だってわからないから”と開き直り、勉強する姿勢を見せましょう」(八木さん)

 最近では、親子で参加できるマネーセミナーなども開催されているので、活用するのも手だ。

お年玉を分散投資で預金以上の利息に

 最近では、iDeCo(イデコ)やNISA(ニーサ)など、リスクを分散する積み立て投資や、子供名義でも投資できる投資信託もある。これらは、少額から投資できるので、初めて投資をする人向けといえる。こういったところを入り口にするのもいいという。

「わが家でも、長男が小学校中学年の時に、お年玉を元手に積立の分散投資信託を始めました。7年たった今では、かなり増え、息子も増やす喜びと、投資の仕組みがわかったようです」(八木さん)

 お年玉の平均額は、小中学生で2万〜3万円前後。これとおこづかいをベースにすれば、毎月3000円程度の掛け金の積み立て投資は決して不可能ではない。

 お年玉を使った投資信託で増えた資金を、将来の学費の一部に使う活用法もおすすめだ。

※女性セブン2018年6月21日号

関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索