母が若年性認知症に… 診断の10年前から出ていた“思い当たる兆候”

母が若年性認知症に… 診断の10年前から出ていた“思い当たる兆候”

 65歳以上の認知症高齢者が急増し、介護・福祉などの施策が急務になる一方で、65歳未満で発症する「若年性認知症」の実態はまだまだ不透明だ。

 厚生労働省が2009年に発表した推計では、18〜64歳人口における10万人当たり若年性認知症者数は47.6人。全国に換算すると約4万人という計算になるが、この数値はあくまでも推計に過ぎず、実際はもっといるという見方が強い。若年性認知症の症状は老年性のそれと同じだが、若いゆえのさまざまな問題があり、周囲への影響もきわめて大きい。

 東京の郊外で暮らすハナさん(40歳)の母・ユリコさん(ともに仮名)は、60歳のときに若年性認知症と診断された。その時、芸人として活動していたハナさんは33歳。夢だった芸人になり、これからという時だった。

 シリーズ「母が若年性認知症に…」では、ユリコさんが特別養護老人ホームに入った今、ハナさんが死に物狂いで過ごしてきた介護生活を振り返る。離職、母娘の葛藤、お金の話、ユリコさんが引き起こすさまざまな「事件」……。ここでは、最初に感じた母の異変について振り返る。(第1回)

 * * *
 ユリコさんは1949年7月生まれ(現在69歳)。いわゆる「若年性認知症」と診断されたのは2010年6月(当時60歳)のことだ。ハナさんは、それ以来約8年間在宅介護を続け、今年9月、ユリコさんは特別養護老人ホームに入所した。

 若年性認知症には、老年性とは異なる問題がある。まず本人が家計を支える立場なら、経済的な不安が生じる。子供がいれば、教育や就職への影響も考えられる。また、家族が面倒をみる場合、家族にとっても早い年齢での介護を余儀なくされる。

 独身で実家暮らしだったハナさんは、ユリコさんが若年性認知症とわかったとき、自分が主となって介護することを決意。5年ほど頑張ってきた芸人としての活動を辞めた。言わば「介護離職」だ。弟がいるが、すでに結婚して地方に住んでおり、アテにしていなかった。会社員の父も、妻が認知症になったということを受け入れたくないのか、無関心なのか、“見て見ぬフリ”をしているようで、あまり期待できなかった。

 ユリコさんは元来几帳面な性格で、整理整頓を好み、何事もきっちりさせないと気が済まない完璧主義者だった。そんなユリコさんの異変をハナさんが感じ始めたのは、実に診断される10年ほど前からのことだ。

「若年性認知症は、その年齢から“まさか”という思いが先立ち、気づきにくい。認めたくないという思いもありました。でも、今思えば、そのずっと前からゆるやかに発症が始まっていたのでしょう」(ハナさん)

 最初に「あれ?」と思ったのは、整理好きなユリコさんが「引っ越しの荷物をなかなか片付けないこと」だった。

 当時の様子をハナさんはこう振り返る。

「出したものはすぐ片付けるなど、いつもキチンとしていて、整理整頓しないと怒る人なのに、引っ越しの時のダンボールは開けずに、ずっと放置していたんです。数年たって私が片付けましたが、それもぼんやり見ているだけでした。さらに、掃除用具をたくさん買い込んでくるのに、使わないまま。どうしたのかなとは思いつつ、当時はそれほど気に留めていませんでした。

 でも、認知症と診断されてから振り返ると、このような“計画力や意欲の低下”、“整理整頓・掃除しなくなる”、“同じものを大量に買う”といったことは、認知症の症状に当てはまっていたんです」

 その時のハナさんは、この後に壮絶な介護生活が待っていることなど、知る由もなかった。(続く)


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索