海洋散骨、その後「遺骨ロス」に苦しむ負の側面も

海洋散骨、その後「遺骨ロス」に苦しむ負の側面も

 近年、様々なしがらみを避けるべく墓に入らず、「海洋散骨」を選択するケースも増えているが、そこには負の側面もあるという。ある男性は、妻の生前の希望通り、業者を通じて海外で散骨した。だが帰国後に「妻の墓に手を合わせたい」という切ない気持ちが湧き上がってきた。浄土宗僧侶でジャーナリストの鵜飼秀徳氏が言う。

「散骨時は平気でも、時間が経って冷静になってから“遺骨ロス”に苦しむ方がいます。しかも遺族全員が海洋散骨を認めることはほぼ皆無で、賛成派と反対派の関係がこじれることもあります」

 そして多くの男性が注意すべきは「妻の気持ち」だ。葬送ジャーナリストの碑文谷創氏が言う。

「女性の7割以上は、婚家の墓に入ることを嫌がっています。夫は妻の気持ちに鈍感です。そこで死後別々の墓に入る『死後離婚』も増えていますし、永代供養墓、散骨などを選ぶ夫婦の場合、主導権を妻が握っているケースが多いです」

「墓を守る」ことが難しい時代である。

※週刊ポスト2019年1月18・25日号


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索