「職場にお土産」の風習は必要? 女性社員から不満の声が続々

「職場にお土産」の風習は必要? 女性社員から不満の声が続々

 今年のバレンタインには義理チョコに“パワハラ”という声があることが話題になったりしたが、昨今“義理チョコ不要論”はますます強くなっている印象だ。しかしこうした問題は、バレンタインに限らない。職場で頻繁に見られる“お菓子を配布する”という何気ない行為にも影を落としている。人材派遣会社に勤める30代女性・Aさんは嘆く。

「バレンタインだけじゃなく、女性が職場でお菓子の配布をする風潮は本当にやめてほしい。特に八ツ橋とかの生ものはタチが悪い。『今はいりません』とやんわり断っても、『じゃああとで食べてね』と、ご丁寧にティッシュでくるんで置いていかれたりします。“察しろ”と。結局、『もらったけど、いらないから……』と水面下で“再配布”している光景もよく見ます」

 Aさんいわく、「友人が私宛てにと買ってきてくれたものは純粋に嬉しいんですが、職場に買ってきたものの雑な個別配布は不要ではないでしょうか。女性は“もらいものを喜ぶ”というレッテルを貼られていることが多い気がするけど、私は“いらないものはいらない”派なんですよね。好きな人が食べられるように、共有スペースに置いておくくらいでいいと思っています」。しかも、相手からすれば「おすそ分け」「コミュニケーションツール」など善意でやっている場合が多いだけに、無下に断りづらいという。

 問題は受け取り拒否をしづらいということに留まらない。“配る行為そのもの”にも問題があるという。日用品メーカー勤務の30代女性・Bさんはこう言う。

「誰かが買ってくると、自分も買ってこないといけないといった同調圧力が辛いです。以前、給湯室で、同期の女子が『Cさんって、休んでも何も買ってこないよね』と文句を言っていたので、私が『別に義務じゃないんだし、買ってきたかったら買ってくる、でいいんじゃない?』と言うと、『だって私が買ってきたものを食べるんだったら、自分も買ってくるのがフツウじゃない!?』と力説されました。

 個人的には、そもそも職場へのお土産はいらないと思っています。海外の謎のお菓子は味の想像がつかずに手を出しにくいし、切り分けないといけないようなカステラやロールケーキは、切るのも食べるのも面倒。なかには誰も手をつけず、コピー機の横あたりにずっと放置されているお菓子もあるし、本当に無駄だと思います」(Bさん)

 Bさんは、お菓子を配る女性の態度が気に障ることも少なくないという。

「女性の一人が社員一人ひとりに、多分300円くらいのクッキーを配っていたんです。私にも持ってきましたが、男性に対しては声色が違うし、『今度飲みに連れていってくださいよぉ〜』なんて、言っている内容も違う様子。サラダとりわけ女子じゃないですが、“気を配れる私アピール”が匂ってきて不快でした。そんなことしないでさっさと仕事しろと」(Bさん)

 実は疑問の声も少なくない職場のお菓子配布。長年当たり前とされてきた慣習でも見直す時期が来ているのかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索