「とりあえずビール」は時代遅れ? “いきなりハイボール”派の意見

「とりあえずビール」は時代遅れ? “いきなりハイボール”派の意見

 かつて、酒席の1杯目は「とりあえずビール」がほぼ“当たり前”だった。そんな乾杯事情に、最近変化が生じているようだ。

 まず、人気なのはハイボール。原材料となるウィスキーの年間出荷量は前年比108%の成長を遂げた一方で、ビールの出荷量は14年連続で減少。日本人がビールを嗜む量が減っていることは歴然だが、今でも宴席では、「とりあえずビール」の習慣は残っているのだろうか。若い20代、30代のサラリーマンに実情や、この慣習についての意見を聞いた。

1杯目はビールで乾杯、2杯目以降はハイボール

 週に2、3回は社内外の飲み会に参加するという会社員の30代の男性Aさんは、大のビール好き。厳しい上下関係の中で教育を受け、また酒席の幹事を務めることも多いことから、ビールでの乾杯が当たり前だと思っている「とりあえずビール」派の一人だった。

「ビールの場合、ピッチャーだろうとジョッキだろうと、他のアルコールと比べて提供スピードが早い。そのため、乾杯までの時間が短く、会を一気に盛り上げることができる。カクテルやソフトドリンクだと、まず注文の時点で『何にしようかな』などと悩むケースも多く、乾杯までに時間がかかるし、どうしても会をスタートさせるまでのテンポが悪くなる」(Aさん)

 そんなAさんだが、最近ではもっぱらハイボールを注文する機会も増えてきたという。

「30歳を超えて、ビールを飲むと”胃が重たい”と感じることが増え、糖質量やプリン体も気になってきました。そのため、ビールを飲む量を減らし、ハイボールを意識的に増やしています」(Aさん)

 ただ、乾杯になると、いまだにビール以外で乾杯することがはばかられると明かす。

「一回り上の世代にとっては、やはりビールでの乾杯が”当たり前”。他のアルコールで乾杯しようとすると、微妙な空気になることが多々あります。そのような先輩や年配者の多い飲み会では、乾杯の1杯目だけビールを頼んで、2、3杯目以降にハイボールを飲んでいます」(Aさん)

みんなが”好きなもの”で乾杯できればいい

 20代の男性・Bさんは、新卒で入社した会社で、先輩社員が参加者に確認することなく「人数分ビールで」と注文したことに衝撃を受けた。

「大学では、文化系のサークルに所属しており、あまり上下関係がありませんでした。そのため、本人の意志や体調などお構いなしに、ビールを飲むことが嗜みとされていることに驚きました」(Bさん)

 自身は、もっぱらハイボールで乾杯することが多い。

「ビールだと、ちびちび飲めないうえ、正直途中で飽きちゃうんです。ハイボールなら、ウーロン茶、緑茶、カルピス、梅酒などと様々な飲料で割ることが出来るのがいいし、ゆっくり飲める」

 20代の女性・Cさんは、会社などの飲み会では、やはり最初はビールで乾杯するが、「本意ではない」と語る。

「ビール以外のものを頼むと、それだけが遅れてくることが多いので、申し訳なくて、合わせるようにしちゃっています。でも正直、特に冬場であれば、温かいお茶を頼みたい時もある。飲み会でも、“全員揃うまで待って”乾杯という風習をなくして、各々が好きなもので随時乾杯できるようになればいいなあと思います」

 お酒はあくまでも宴席を盛る上げるためのもの。同調圧力や慣習に縛られずに楽しみたいという若者は多いのかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索