小田急線・通勤ラッシュ15万人パニックはなぜ起こったのか

小田急線・通勤ラッシュ15万人パニックはなぜ起こったのか

 多くの人が新生活のスタートを迎えた4月8日、月曜日の朝、小田急沿線の駅は突然のパニックに見舞われた。町田駅のホームでは「痛い痛い」との悲鳴のなかで人々が押し倒され、登戸駅では構内に入れない人の波が周辺に溢れかえっていた。あの日、何が起きていたのか──。

「命の危険を感じました。ぎゅうぎゅうの満員電車が止まって、1時間。身長150cmの私の顔は、ずっとスーツのサラリーマンの体に押しつけられたままでした。圧迫されて体は痛いし、息苦しくて何度も意識が遠のきました」

 都心のサロンで働く20代の女性美容師はそう振り返る。

 地獄絵図が出現したのは、4月8日の早朝、通勤通学ラッシュがピークを迎えた小田急線だった。小田急線は東京・新宿を起点に南西に延び、広大なベッドタウンを横切り、神奈川の藤沢や小田原を結ぶ私鉄路線で、1日の利用客は約410万人に上る。その全線が、午前7時37分ごろからおよそ1時間10分にわたって運転を見合わせた。

「私立小学校に合格した息子の入学式の日でした。駅の構内に入ったところで見動きが取れなくなった。右も左もわからない初めての電車登校で揉みくちゃにされた息子は、ガタガタ震えて、泣いていました。入学式にはもちろん遅刻。歩いて通える近所の公立小にすべきでした」(30代母親)

「怒りを通り越して、呆れましたよ。ホームで待てど暮らせど電車がこない。止まってるなら改札入る前にアナウンスすべきですよ。情報提供が遅すぎる。もう改札に後戻りもできず、寒風に吹かれながらただ呆然と立っているだけ。人身事故なら仕方ないですが、『無線システムのトラブル』って、人災ですよね。ちゃんと点検してるんですか、小田急は」(40代会社員男性)

「東北の地元から出てきて、病院研修初日に大遅刻です。人生初の通勤ラッシュで心が折れました。東京で暮らすの、マジでもう無理」(20代看護師女性)

 上下線65本が遅れ、約15万人に影響した。駅の改札前はどこも長蛇の列、振替輸送のバス停も黒山の人だかり。町田駅(東京)の行列の押し合いで転倒した人が出たのも、沿線の学校で午前中の授業中止や入学式の時間繰り下げが行われたのも、その朝の「小田急沿線パニック」の氷山の一角だった。

「そもそも小田急は『停止信号』で止まったり、遅れたりしないで運行する方が珍しい。小田急ユーザーは日頃から、“停止信号ありきの路線なのか”と不満をためていますが、今回は本当に怒り心頭です」(50代会社員)

 小田急は工事着工から30年を経て、2018年3月、東北沢〜和泉多摩川間の線路を4本にする「複々線」を完成させた。鉄道ジャーナリストの川島令三さんが指摘する。

「複々線の完成で、朝のラッシュ時の新宿〜町田間が最大12分早くなり、並行して走る『東急田園都市線』の客を奪うことに成功しました」

 だが交通評論家の佐藤信之さんは、「小田急は和泉多摩川駅から西側の乗客に対応し切れていない」と言う。

「西側の都市化が進み乗客が増加したのに、複々線区間は和泉多摩川駅の先で途絶えています。そのため、郊外から都心へ向かう高速列車をこれ以上増やせず、混雑や遅延が生じやすい。郊外部を複々線化しようにも、建物が線路近くまで建っているので用地買収が難しいのが現状です」

 小田急といえば、都心の新宿から箱根をつなぐ「特急ロマンスカー」が目玉だ。

「小田急は利用客を呼び込むため、“ロマンスカーがこの時間帯だけこの駅に停車する”という例外をいくつも作りました。看板車両が不規則にあちこちの駅に停車するしわ寄せが普通車両に及び、効率的なダイヤ編成が妨げられています。停車駅がきっちり決まっている西武鉄道の看板特急車両『レッドアロー』とは大きな違いです」(川島さん)

 小田急に限らず、電車は輸送量が圧倒的に多い分、ひとたびトラブルが発生するとリスク管理が難しい。

「小田急は、朝のラッシュ時に上りで1時間につき7万5000人の乗客を運びます。そこでトラブルが生じた場合、バスで代替しようとしたら、80人乗りでも900台必要になり、急に準備するのは不可能です。他の鉄道も朝のラッシュ時は乗客をめいっぱい詰め込んでいるので、振替輸送は難しい。結局、電車の復旧を待つしかないのが現状です」(鉄道ジャーナリストの梅原淳さん)

 もし大地震やテロといった大規模な災害や犯罪が発生して電車の機能がストップした場合、都心を走る鉄道会社が対応を誤れば、さらに被害が拡大する可能性がある。

 もちろん、小田急を含む各社はさまざまな事前対策を綿密に講じている。しかし、1時間の運転見合わせでも沿線はパニックに陥ったので、不安は少なからずある。

 鉄道には、私鉄であっても公的資金が流入している。それは、「市民の足」を担う社会インフラとして、公共性が極めて高いからだ。日々の運行の遅延の解消にしても、満員電車の解消にしても、災害やテロへの対策にしても、万全を期してほしい。

※女性セブン2019年5月2日号


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索