日高屋の人気メニュー「バクダン炒め」、愛好者の様々な楽しみ方

日高屋の人気メニュー「バクダン炒め」、愛好者の様々な楽しみ方

 関東を中心に390店舗以上を展開する中華料理チェーン「日高屋」。その看板メニューのひとつとなっているのが「バクダン炒め」だ。

「バクダン炒め」はいわゆる“豚キムチ”に似たメニュー。白菜、もやし、にら、たまねぎ、にんじんといった野菜を豚肉とともに炒めた料理で、価格は単品で510円(税込み、以下同)、ライス・スープ・漬物とセットになった「バクダン炒め定食」は680円となっている。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう説明する。

「『バクダン炒め』は、日高屋のオリジナルメニューとして人気です。ボリューム感があって、価格も比較的安く、日高屋の定番。ちなみに、辛くない『肉野菜炒め』は単品で520円と、『バクダン炒め』よりも10円高いんです。具材の違いはありますが、『肉野菜炒め』よりも安いということで、お得感もあるし、店舗側としても『バクダン炒め』の方が“推しメニュー”になっているということがわかるでしょう」

 そんなバクダン炒めの大ファンだというのは、30代の会社員男性Aさん。独身のAさんは、仕事帰り最寄り駅近くの日高屋で夕食を摂ることが多いという。

「晩酌がてら1人で日高屋に行って、スマホで動画を見ながら夕食。よく注文するメニューはやっぱりバクダン炒めです。まず餃子1皿をつまみに生ビールを1杯飲み、その後にバクダン炒めをつまみにしてハイボールかレモンサワーを飲むというのが定番です。

 そのちょうどいい辛さが、ハマるんです。豚キムチのような酸味や甘味がある辛さではなく、ストレートな辛さ。外食が多くて野菜が不足しがちだということもあって、野菜たっぷりなのも高ポイントです」

「ライスやチャーハンと混ぜてもオイシイ」

 同じくバクダン炒めを頻繁に食べているという20代の会社員女性Bさん。基本的に定食で食べることが多いという。

「私はそんなに辛いものが得意ではないんですが、バクダン炒めの辛さはギリギリOK。汗をかきながら食べると、ちょっとしたストレス解消にもなります。あと、辛いがゆえ、ご飯がすすむ。初めて食べたときは、ボリュームがあって食べきれるかなとも思ったけど、辛さと量とのバランスが案外いいんです」

 一方、バクダン炒めをちょっとアレンジして食べるというのは、20代の会社員男性Cさん。ライスやチャーハンと混ぜて食べるのだ。

「基本的に僕は辛いものが苦手なんですが、それでもバクダン炒めは好き。そこで編み出したのが、ご飯と混ぜて食べるという方法です。辛さが幾分マイルドになって、おいしいんです。それに、バクダン炒めの“汁”をご飯に染み込ませて、最後まで食べられるというのもうれしい。ちょっと脂っこい物が食べたいなあというときは、ご飯ではなくチャーハンと混ぜて食べます。キムチチャーハンのような感覚です」

 辛いもの好きにはもちろんだが、辛いものが苦手だという人からも支持されている日高屋のバクダン炒め。これから暑くなる季節に、汗だくになりながら食べてみては?


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索