“台湾のトランプ”は米中貿易戦争の救世主になれるか

“台湾のトランプ”は米中貿易戦争の救世主になれるか

 泥沼化する米中貿易戦争に着地点が見えないなか、2019年1月の台湾総統選がいっそう混乱の輪を広げそうだ。世界最大の電子製品受託製造サービス(EMS)企業・鴻海(ホンハイ)精密工業会長の郭台銘(テリー・ゴウ)氏が国民党の候補として出馬を表明し、台風の目となっている。経営コンサルタントの大前研一氏が、“台湾のトランプ”とも言われる郭氏出馬が米中貿易戦争に与える影響について考察する。

 * * *
 私は鴻海精密工業会長の郭台銘氏と面識があり、何度か1対1で相談に乗ったことがある。シャープ買収が話題になっていた時も、アドバイスが欲しいという電話があった。たまたま私は別件で台北を訪れていたのだが、彼は主力工場がある中国・成都にいたので「そちらに行く時間はない」と答えた。

 すると郭氏は、押っ取り刀で成都からプライベートジェットのガルフストリームに乗って台北の松山空港に飛んできた。そして空港で私と合流し、ミーティングが終わったら再び成都に戻っていった。

 だが、基本的には郭氏は少数のスタッフ以外はほとんど人の意見を聞かず、誰にも相談せず、自分の思いつきで自分が正しいと思ったことを次々に断行するタイプである。タガを嵌められる人間はいない。そういう意味では、ソフトバンクグループの孫正義会長とよく似ている。

 また、郭氏は目標が定まると死ぬほどそこに集中し、決して現場任せにはしない。たとえば、かつて鴻海精密工業がアップルのiPhoneを言語や電圧や周波数が異なる世界中の国々の発売日に合わせて1日で800万台出荷した時、彼は3週間くらい前から成都の工場に寝泊まりして陣頭指揮を執っていた。アップルのスティーブ・ジョブズが要求する無理難題には一度もNOと言わなかった、という逸話もある。上昇気流に乗った経営者としては模範を絵に描いたような人物だ。

 その一方では、目的が一致して自分の利益になるなら、誰とでもうまくやれるという一面もある。だから中国の習近平国家主席や李克強首相とも良好な関係を築き、人件費高騰などで深センの雇用が厳しくなったら工場を深センから成都に移して大成功したのである。日本でもシャープを買って再上場を果たし、アメリカに行けばトランプ大統領ともサシで話ができる関係になっている。

 国際的に活躍するビジネスマンで、交渉に強い。まさに「政商」であり、いわば“台湾のトランプ”である。

 もし彼が台湾総統になったら、トランプ大統領と同様に自分の側近を重用し、思いついたことを次々に独自の政策として打ち出すに違いない。たとえば、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用して最先端国家を目指すとか、役人の数を5分の1に削減するとか言い始めるのではないか。

 実際、すでに郭氏はトランプ大統領との会談で、自分が台中間および米中間の和平の推進と経済的な関係改善の調停者になりたいという考えを示しているが、そもそも今回の総統選候補出馬も、したたかな計算に基づいたものだと思う。

 なぜなら、国民党の党内予備選、もしくは総統選で負けたとしても、彼が失うものは何もないからだ。国民党の総統候補に名乗りを上げたということだけで、民進党の蔡英文政権を毛嫌いしている中国政府は感謝する。中国との関係改善を訴えれば、なおさらだ。鴻海の会長からは6月の定時株主総会で退任すると表明したが、役員にはとどまり、経営から手を引くわけではない。もし総統になれなかったとしても、元の会長職に復帰するだけだろう。

 また、台湾の一般庶民は郭氏の表面的なところしか知らないから支持するだろうが、彼は独断専行・唯我独尊なので、それを知る経営者や財界人からは嫌われていて、友人や親しく付き合っている人は国内にはほとんどいない。だから、郭氏が国民党の総統候補になったとしても、その後の選挙戦で彼が総統にふさわしくないと考える人たちが傲岸不遜な実像を暴露したり、民進党が彼と中国政府の密接な関係を追及したりすれば、支持を失っていく可能性もあると思う。

 要するに、郭台銘は国民党最強のワイルドカード(※トランプなどのカードゲームで、どんなカードの代わりにでも使える特別なカード。転じて、不確実な要素や予測不能な要素、カギを握る重大な要素などのことを比喩的に表わす)なのだ。米中貿易戦争の行方とともに、台湾総統選からも目が離せない。

※週刊ポスト2019年6月7日号


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索