ファミレスの定番・ハンバーグを「絶対に注文しない」という人の言い分

ファミレスの定番・ハンバーグを「絶対に注文しない」という人の言い分

 ファミリーレストランの定番メニュー・ハンバーグ。しかし、中には「ファミレスでは絶対にハンバーグを頼まない」と主張する人もいるという。いったいどういうわけだろうか?

 都内に住む30代の男性会社員・Aさんは、1週間に少なくとも2〜3回はファミレスを利用するヘビーユーザー。自宅近所に3つの異なるファミレスチェーン店があり、その3店舗をローテーションしている。

「ちょうど最寄り駅から自宅に帰る途中に3店舗あるので、いつも仕事帰りに寄って夕食を摂っています。どのファミレスもメニューの最初の方にハンバーグが載っていて、“ハンバーグ推し”なのは分かるんですが、まず注文することはありません。私が注文するのは、パスタ、カレー、オムライスのどれかです」(Aさん)

 Aさんがハンバーグを頼まないのは、なぜなのか。

「簡単に言えば、ファミレスのハンバーグメニューには、ライスやパンなどの炭水化物がついてこないから。ファミレスのハンバーグって、実はそんなに安いメニューではないのに、さらにライスセットなんかをつけると、ちょっと高く思えてしまうんです。そういう意味では、ハンバーグだけでなく、ステーキや鶏肉のグリルなんかも炭水化物がついていないので、注文しません」(Aさん)

 本当にハンバーグは割高なのだろうか? ファミレスチェーン『デニーズ』のメニューを見てみると、もっとも安いハンバーグは『和風ハンバーグ』で686円(税別、以下同)。単品のライスは199円なので、合わせると885円となる。

 一方、パスタで一番安い『All Beef のミートスパゲッティ』は単品で686円、オムライスで一番安い『とろ〜り卵とチーズのオムライス』は784円となっている。また、カレーメニューでは『スパイス香るデリーチキンカレー』と『十六穀米のベジタブルカレー』がいずれも799円だ。

 たしかに、パスタもオムライスもカレーも、一番安いメニューであれば、“ハンバーグ+ライス”よりも安く抑えることができる。

「ハンバーグのほうがしっかり食べたという感覚があるという人もいるとは思うんですが、そもそもファミレスのメニューはそこまで大盛りでもない。それならできるだけ安く抑えたいし、ガッツリ食べたいなら、ハンバーグやステーキの専門店に行きたい。

 わざわざライスをセットで頼まなくてはならないハンバーグよりも、炭水化物をそのまま摂れるパスタやオムライスのほうが、ファミレスを満喫できる気がします」(Aさん)

 さらにAさんいわく、ハンバーグを頼まないメリットは他にもあるという。

「1人でファミレスに入ると、大抵の場合2人席に通されて、テーブルがちょっと狭め。私はそこでパソコンを開いていろいろ作業もすることもあるので、ハンバーグだとお皿も大きいし、さらにライスも頼むとテーブルの上がいっぱいになってしまう。パスタだけならテーブルも広く使えるというメリットがあります」(Aさん)

 シンプルな理由だが、「ハンバーグ以外を注文する必然性はそれなりにある」と主張する。ファミレスユーザーには、それぞれのこだわりがあるようだ。


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る