根強い人気の「旅番組」、現役ADが語る制作の舞台裏

根強い人気の「旅番組」、現役ADが語る制作の舞台裏

 テレビ局各局が手掛ける旅番組。芸能人が観光地を巡り、地場の飲食店や名所などをめぐる番組形式は、老若男女問わず楽しめ、根強い人気がある。今も旅番組が増えている背景やその制作舞台裏はどうなっているのか。現場を支える制作会社のADはこう語る。

「まず舞台装置などを準備する必要がないので、制作費が安価。基本的にロケ地を訪れる芸能人さえいれば成り立つので、制作費を3分の1ほどに済ませることが出来ます。共に旅をする制作チームも10名前後と少数精鋭。テレビ番組全般の視聴率を支える50代以上でも安心して観られるため、各局が力を入れています」

 ADの仕事は各地のリサーチのほか、飲食店など取材先への依頼、アポ取りが中心。スケジュール表とにらめっこし、予算管理をしながら、小道具の手配や弁当の発注などの準備に取り掛かる。

 ロケ撮影は早朝からスタートし、日没後21時ぐらいまで続く場合も。バスでの移動がほとんどだが、企画次第では、田舎道をひたすら歩くような過酷な内容にもなる。重用されるのは、スタッフや現地の人にも分け隔てなく接するタレント。ロケの雰囲気も良くなる。

「一番重要なのが、タイムスケジュールの管理。なかでも飲食店を巡るうちに、予定が押したり巻いたりするものなので、ロケ先の店に電話し、スケジュールを調整してもらいます。どうにもならず、取材キャンセルをお願いする時は心が痛みます」(同前)

 現場では移動時間も含め、カメラを長回しすることが多い。そのため、膨大なデータの中から映像を編集し、音声やテロップを付ける作業にも時間がかかる。

「誤った内容を放送するなどして迷惑をかけるわけにはいかないため、事実確認には相当の時間をかけます。例えば飲食店に対しては、紹介したメニューが税抜きなのか税込みなのか、営業時間が正しいのか、などといった部分も念入りに確認。水族館でのロケの場合は、映り込んだ熱帯魚の正式名称を確認するために図鑑に目を通すなど、細かく地道な作業が多いです」(同前)

 だが、旅番組はどの局も似通った内容で、すでに飽和状態のようにも思える。はたして旅番組の未来はどうなっていくのか。自身も旅番組好きだという芸能ライターが語る。

「旅番組は、目新しい企画がなかなか生まれにくいジャンル。とはいえ、まだまだ強いコンテンツなのは確かです。最近でもバラエティ色を強くした『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京)といった人気番組が出てきていて、出演したい芸能人も多いといいます。タレントのキャラクターもありますが、例えば今は、バラエティでもSNSでも、タレントたちが本当に仲が良さそうにじゃれ合っているのが人気になる時代。旅番組も、旅先がどこというよりは、出演者の組み合わせで、“旅先でほっこり仲良くしている”姿へのニーズなんかもまだまだあると思います」

 裏を返すと、ただ旅先の情報を紹介するだけでは、テレビ番組としては通用しにくい、ということ。出演者の人選を含め、まだまだ工夫の余地はあるのかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る