家族のうつ病 「仕事が好き」と言っていた夫が出社できなくなった日

家族のうつ病 「仕事が好き」と言っていた夫が出社できなくなった日

 今年8月、お笑い芸人・ネプチューンの名倉潤が突然うつ病を公表し、世間を驚かせたが、働き盛りの夫が突然うつ病になることは、どの家庭にも起こりうること。その時、家族はどう対処したらよいだろうか。リアルケースを参考に、いざという時に慌てぬよう、心の準備はしておきたい。

 フリー編集者でライターのC子さん(42才)の場合、マスコミ関連会社に勤める夫(45才)が今年9月に発症し、闘病中だ。子供は16才と13才。夫の月収は100万円から無収入に。すぐに生活を縮小し、家賃20万円のマンションから10万円のアパートに引っ越して車も売却した。C子さんが、当時を振り返る。

 * * *
 新事業を続々と立ち上げて会社を黒字にしてきた夫は、誰よりも早く役員に昇進した、いわば“成功者”だったんです。しかし会社は、常に結果を求めます。「次年度は売り上げを2倍にしろ」など、仕事のハードルはどんどん高くなっていく。夫は会社のそんな要求に15年間も応え、業績を倍増させてきました。

 本人は「仕事が好きだから」と頑張っていましたが、ストレスはたまっていたんでしょうね。5年前に不整脈がわかり、心臓のバルーン手術を受けました。突発性のじんましんや原因不明のめまい、1年前からは不眠症になるなど前兆はあったんです。

 そんなある日、夫が珍しく午前中に会社から帰って来たので、理由を聞くと、

「やっとのことでマンションのエントランスを出て、這うようにして駅に行ったけど、どうしても改札の中に入れず、1時間立ち尽くした」

 と無表情のまま涙を流しながら言うんです。心療内科に連れて行くと、うつ病だと診断されました。復職しても仕事の内容は変わらない。それでは、夫が殺されてしまうと感じ、家族で話し合い、会社を辞めてもらうことにしました。私が会社に電話をして退職の希望を伝えると、

「有休が60日分あるので、取得してから考えてください」

 と言われました。さらに、役員だから失業保険や退職金は出ないとも言われました。まさに滅私奉公…。

 会社のため、家族のために頑張ってくれた夫には、とにかく心の負担を減らしてほしい。今は家族一丸となって、夫のサポートをしています。

※女性セブン2019年11月28日号


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る