新型コロナウイルス感染拡大の影響から、ネット通販の需要が急増している。その際に注目を集めているのが、玄関先や宅配ボックスなど、あらかじめ指定した先に荷物を届ける「置き配」だ。対面せずに済むことから感染予防の効果もあり、不在時の再配達率の低下も期待できるなど、いいこと尽くめのように思えるが、その利便性はリスクと表裏一体のようだ。

 株式会社ナスタによる昨年10月の調査によると、92.4%の人が「便利だった」と回答したが、その一方で「不安に思うことがあった」と回答した人も45.7%にのぼった。コロナ禍で置き配を利用する人が増えるなか、実際に不安や不満を抱いている人たちの声を聞いた。

 60代の主婦・Aさんは、外出自粛生活のなか、ネットで買い物をする機会が増えた。プライム会員で送料無料という手軽さと操作が簡単なことから、アマゾン(Amazon)をよく利用している。最近は置き配というシステムがあることを知り、これは便利だと思っていたところ、先日、トラブルに見舞われた。

「一度に複数の商品を注文したので、配送予定日が何回かに分かれるようでした。私は基本的に家にいますが、それでもなるべくまとめて受け取りたいし、いつ届くかも把握しておきたいので、業者から連絡が着てから、届く日が同じになるように指定しました。でもその後、買い物中に配送完了の通知が来て、1つだけ指定日より早く届いたことを知りました。ただ、帰宅しても、不在届も荷物もどこにもありませんでした」(Aさん)

 届けられたのは早朝だったようだが、Aさんがその事実に気づいたのは夕方だった。

「配送履歴を見ると、我が家のマンションのドアに置いた荷物の写真がありましたが、どうやら盗まれてしまったようです。置き配を頼んだ覚えはなかったのですが、よくよく調べてみると、何も指定しないと置き配になる設定だったらしく、それに私が気づかず、注文してしまったようです。私が悪いのですが、それならもっとわかりやすくしてほしかった。しかも、荷物は盗まれてしまったわけですし……」(Aさん)

 Aさんは困惑しながらも、アマゾンに問い合わせることで事なきを得た。「再配送か返金を選べるなど対応もよかったし、配送業者の方にも、こんなときなので感謝はしていますが、今後はもっとわかりやすくしてほしい」とAさんはちらりと不満も漏らす。

高額商品だからこそ置き配を希望していなかったのに…

 置き配の需要が拡大するなか、アマゾンはいま、試験的に特定地域への配送時、自動で最初から置き配を設定している。希望しない場合は、自ら設定を変更しなければならない。この仕様から、置き配トラブルが発生するというわけだ。40代男性会社員Bさんも同様のトラブルに見舞われた一人だ。

「在宅勤務になってから家にいるので、ずっと配達を待っていたのですが、いつまでたっても来ない。夕方、買い物をするために出かけるときに、ドアの側に置いてあったのに気が付きました。4時間くらい置きっぱなしでされていたようです。後から置き配の案内メールが来ていたことを知りましたが、もっとしっかり“これは置き配のものですよ”と告知してほしかったなと思います」

 Bさんは同時に、気がかりな点もあると話す。

「うちのマンションはオートロックなのですが、それが突破されていたことに驚きました。確かに今はコロナ禍で大変で、届けてもらうだけでもありがたいですが、セキュリティ面はもっと考えてもらいたいです」(Bさん)

 一方で、置き配を希望していないにもかかわらず、勝手に置き配されたという人もいる。30代女性会社員・Cさんだ。

「何も届けられていないのに『配達完了』というメールが来たので、不審に思いながら宅配ボックスを見に行きましたが、そこには何もない。夜で業者も電話に出ないし、翌日ようやく連絡がとれて確認すると、ガスメーターがある扉のなかに入れたと。数万円する高額商品だったからこそ、自分の手で確実に受け取るべく、日時を指定したのに……。もし盗まれていたらと思うと怖いです」

 ちなみにCさんも、Bさん同様、「オートロックなのに……」と戸惑いの声をあげる。

「オートロックなのに玄関ドアの近くまで勝手に来られていたかと思うと、気味が悪い。どうして入って来られたのか尋ねると、偶然同じマンションで他の家に届けるものがあったとのこと。確かに手間は省けますが、そういう問題ではないですよね」

 配送会社は積極的に置き配の対応を進めており、今後普及していくことが予想されるだけに、こうしたトラブルを避ける工夫も必要になってくるだろう。