新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京都に外出自粛要請が出されて1か月。夜な夜な盛り場に繰り出していた呑兵衛たちは、どうやって気晴らしをしているのか? 週7日、酒を飲むマネーポストWEBの記者Y(40代・男性)の周囲は、“類は友を呼ぶ”というべきか、“朱に交われば赤くなる”というべきか、ともかく生粋の呑兵衛だらけ。彼らがどうやってこの自粛期間をしのいでいるのか、聞いてみた。

 主流派はやはり「家飲み」だ。リモートワーク中のメーカー勤務のKさん(40代・男性)は、理解ある妻のおかげで、家で飲む楽しさを再認識しているという。

「妻も酒好きなので、夕飯はもっぱら居酒屋のツマミのようなメニュー。枝豆、刺し身、冷奴、揚げ物、ソーセージ、ポテトサラダなどを机の上にズラッと並べて、テレビを見ながら毎晩2〜3時間飲んでいます。家で飲むと、居酒屋で頼むウーロン茶や割り物に入れる氷にお金を払うバカバカしさが分かります」(Kさん)

 やはり在宅で仕事をしているシステムエンジニアのMさん(30代・男性)は、ツマミ作りに凝っているという。

「当初は『缶つま』やデパ地下の持ち帰りグルメにハマりかけましたが、外で飲むのと変わらないぐらいお金がかかることに気付き、方針転換。自分でツマミを用意しています。鶏肉を焼いて柚子胡椒をつけたり、アジの刺し身にネギをいれて“なめろう”にしたり、油揚げをオーブンで温めて大根おろしを添えたり、オリーブオイルに牡蠣を入れて“インチキアヒージョ”を作ったり、パパっと10分ぐらいで作れる簡単なものばかりですが、自分好みに調整できるので、なかなかいい。お酒も進みます」(Mさん)

 KさんもMさんも、「ついつい飲みすぎる」と語る家飲み。まったく料理ができないライターのSさん(40代・男性)は、完全に割り切って独身ならではの贅沢な家飲みを楽しんでいる。

「どれだけ高い酒やツマミを買ったって、外で同じように飲むよりは絶対安いですから、普段より遥かに高いお酒を飲んでいます。居酒屋なら1合で1000円近くするような日本酒も、酒屋で一升瓶を買えば3000円弱。有名な純米吟醸酒をバンバン買い、合わせるツマミはお取り寄せグルメです」(Sさん)

 同じ独身でも広告代理店のMさん(40代・男性)は、まったく別の考え方だ。

「20代の頃から週に5〜6回は飲みに行く生活で、家ではまったく飲んでいませんでした。飲まないようにしているというより、飲む気が起きないんです。自分でも『家でも飲むようになったら(飲み過ぎという意味で)オシマイ』と思ってきた。そうすると、その習慣が身体に染み付いていて、結果的にここ数週間、一滴も飲んでいません。身体の為にはこれで良いのでしょうが、飲まないとこんなに時間があるのかと驚いています」(Mさん)

 マスコミ関連企業に勤めるIさん(40代・男性)は、完全在宅勤務というわけではなく、出社して仕事をせざるを得ない機会も多い。ただ、帰宅時の様子は以前までと変わっているという。

「普段は電車で40分ほどかけて出勤していますが、会社から家までは徒歩でも1時間程度。行きは電車を使いますが、帰りは“密”を避けて徒歩にして、歩きながら飲んでいます。予め腹ごしらえをしておいて、歩きながらビールのロング缶を2〜3本飲むと、帰ったらバタンキューです」(Iさん)

 この他、「オフィスにビールを持ち込んで、仕事が終わったらオフィスで飲む」「家で飲みながらTVゲーム三昧」「Zoom飲み会しまくり」など、それぞれの酒ライフを楽しんでいる様子。ただ、全員口を揃えて言うのは、「早く飲みに行きたい」というセリフでした。