新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた自営業者やフリーランスが最大100万円の給付を受けられる「持続化給付金」のオンライン申請がスタートした。しかし、申請に必要な書類に関して、ちょっとした混乱も生じているようだ。

 必要書類のひとつとして、2019年の収入を確認するために必要な「確定申告書の控」があるのだが、「必ず収受印が押印されているもの」という指定がある(e-Tax による申告の場合は「受信通知」でよい)。しかし、この収受印が押された確定申告書の控は、手元に持っていないという人が意外に多いのだ。

 確定申告の際は、控を自分で用意して持参するか、郵送で提出する際は控と切手を貼った返信用封筒を同封した人のみ、収受印が押された控を受け取ることができる。面倒がって控を持参しなかったり、返信用封筒を同封しなかった人にはもらえないしくみだ。通常時であれば、控をもらわなくても特に困ることがないので持っていない人は多いと考えられる。

 そんなときは、収受印の代わりとして「納税証明書」でも対応してもらえる。税務署に出向けばその場で発行してもらえるが、郵送でも請求できる。「納税証明書」などのキーワードで検索すれば国税庁のウェブサイトに交付請求書や「納税証明書を請求される方へ」という請求マニュアルがPDFで見られるので、その指示にしたがって手続きしよう。

 具体的には、必要事項を記載して400円分の収入印紙を貼った納税証明書交付請求書と、本人確認書類のコピー、切手を貼った返信用封筒を管轄の税務署に送付すればOKだ。納税証明書はいくつも種類があるが、持続化給付金を申請するために必要なら必ず「その2」にチェックを入れよう。

 ちなみに、納税証明書を添付せず、収受印が押されていない確定申告書の控だけでも受付自体はしてもらえるが、証拠書類等の確認に時間を要するため、給付までに大幅に時間を要するとされている。納税証明書の請求にもおそらく1週間程度は必要と考えられるが、添付がないとさらに長い時間がかかる可能性もある。受付作業をする側の負担を軽減するためにも、控がない人は納税証明書を用意するのが無難だ。

 ほかに必要な書類は、所得税青色申告決算書の控(青色申告をしている人のみ)、売上減少となった月の売上台帳のコピー、通帳のコピー、運転免許証など本人確認ができる書類のコピーだ。売上台帳は必ずしも売上台帳という名前の書類である必要はなく、総勘定元帳など売上の仕訳が記載されている書類であればOKだ。会計ソフトやクラウド会計では、自社製品を使用している人がどのように必要書類を出力すればよいかをウェブサイトなどで案内しているので確認してみよう。

 給付金は申請から2週間程度で登録した口座に入金される。対象になる人は早めに準備して申請しよう。

文■森田悦子(ファイナンシャルプランナー/ライター)