外出自粛期間が続く中、気温もどんどん上昇し、そろそろ冷たい「そば」でも食べたくなる季節。コンビニのそばのラインナップも、徐々に充実し始めている。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「毎年春先くらいから、コンビニ各社の冷たい蕎麦メニューが増えてきます。ざるそば、冷やしたぬきなどの定番はもちろんですが、今年はローソンとファミリーマートがともに“冷やしピリ辛肉そば”を販売しています」

 そこで、マネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが、ローソンとファミリーマートの“冷やしピリ辛肉そば”を実食比較した。

ローソンの『冷しピリ辛牛肉そば』は刺激的

 ローソンが販売中しているのは、『冷しピリ辛牛肉そば』(461円、税別、以下同)だ。1包装あたりのカロリーは466kcal。甘く煮た牛肉と玉ねぎがトッピングされたそばを、めんつゆと特製辛味だれで食べる一品だ。

「めんつゆは出汁っぽさが強くて、とても“和食”なイメージ。しかし、辛味だれは唐辛子的な辛さに加えて、痺れがくるタイプの辛さもあって、刺激的です。牛肉と玉ねぎは甘い味付けで、牛丼の具材に近く、馴染みがある味わいになっています」(記者A・以下同)

 めんつゆの味と、辛味だれの味を別々に楽しむと、より一層この『冷しピリ辛牛肉そば』を堪能できるという。

「辛味だれが結構パンチがある味をしているので、刺激がほしいなら、たれを多めにとって食べるのがおすすめ。間違いなく、通常のそばとは異なる味を楽しめると思います。

 ちなみに私は最終的に辛味だれを全体に混ぜて食べたんですが、牛肉と玉ねぎの甘みもあいまって、かなりマイルドなイメージになります。これはこれでとても食べやすくておいしい。そういう意味では、最初は辛味だれ多めで食べつつ、徐々に全体を混ぜていくと、味の変化を楽しめると思います」

ファミマの冷やしそばはラーメンっぽい?

 ファミリーマートでは『ねぎチャーシューの冷しピリ辛まぜ蕎麦』(462円)が販売されている。カロリーは495kcal。チャーシュー、ねぎ、ゆで卵、揚げ玉、キムチがトッピングされた冷やしそばだ。

「ローソンの『冷しピリ辛牛肉そば』は、通常のめんつゆと辛味だれを合わせて食べるものでしたが、ファミリーマートの『ねぎチャーシューの冷しピリ辛まぜ蕎麦』は、めんつゆ自体がピリ辛味になっているというのが大きな特徴だと思います。このピリ辛めんつゆはなかなか独特で、通常の冷やしそばとは異なる印象となっています。どちらかというと、ラーメンやピリ辛系の油そばに近い雰囲気もあります」

 メインの具材であるチャーシューは、ボリュームもたっぷりだ。

「チャーシューはすごく柔らかくて、なかなかのクオリティー。量も意外と多くて満足度は高いと思います。キムチや揚げ玉など、そのほかの具材もいい感じにピリ辛めんつゆと絡んで、絶妙な組み合わせになっていると思います」

 この『ねぎチャーシューの冷しピリ辛まぜ蕎麦』は、通常の冷やしそばとは一線を画するようだ。

「ラーメンっぽさもあるんですが、全体的には結構爽やか。チャーシューたっぷりの割にこってり感もあまりなく、一気にズルズルっと食べられてしまいます。暑くて食欲がない時なんかにはいいと思います」

 普通のそば店ではあまりない“ピリ辛肉そば”を食べられるのはコンビニならでは。家で過ごす機会も増えそうな今年の夏は、コンビニの冷やしピリ辛肉そばを楽しむ機会も増えるかもしれない。