新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、いくら働いても稼げない「ワーキングプア」が激増しているという。コールセンターで働く40代女性が明かす。

「ショップが臨時休業している間、電話が鳴りっぱなしでした。業務量は激増したものの出勤する人が減り、食事する時間もない。それなのにお給料は変わらない。狭い部屋で大人数が集まり、マイクに向かってしゃべる仕事なので、“もし1人でも感染者が出たら”と怖くて仕方ありませんでした」

 だが、彼女は仕事があるだけ、まだいいのかもしれない。NPO法人「ほっとプラス」理事で社会福祉士の藤田孝典さんは、こんな現実があると述べる。

「アーティストや劇団員、俳優、音楽家、お笑い芸人、テーマパークのキャストなど、都会でしか成り立たない仕事は多い。皆さん一様に仕事にあぶれています。特に、私たちのもとには、水商売や風俗業に従事する人からの相談が多く寄せられています。

 いまは求人自体が大きく減った。企業側も先行きが見通せず、採用を控えている現状があるのでしょう。アーティストなどの業種の間では、これを機に引退しようという人が増えています」

 働き方評論家で千葉商科大学准教授の常見陽平さんは「東京が特にダメージが大きい」として、こんな話をする。

「レストランでもショップでも、これまでは利用客であふれ、賑わっているお店に人気があった。しかし皮肉なことに、今後そういう店は“3密で危険”ということになる。サービス業は都市部に集中するものなので、東京の打撃は計り知れません」

 この環境下では、そうした仕事でこれまで通りのやりがいや待遇は期待できなくなるのだ。近頃は自転車やバイクで出前代行をする「Uber Eats」などの需要が高まっているが、実際はそう“稼げる仕事”ではないという。

「月に40万円稼ぐ配達員がいるという話は聞いたことがありますが、実際にやっていて思うのは、ほぼ毎日、10時間以上稼働しないと達成できない額です。都内は意外と坂道が多いので体力も相当使いますから、常人には無理でしょう」(配達員の36才男性)

 芸術や演劇などのショービジネス、そして夜の街も含め、これらは東京が“3密”を内包した大都市たり得たからこそ成り立っていた。彼らはいま、コロナ禍で仕事を失い、人生を考え直すことを余儀なくされている。

※女性セブン2020年7月2日号