新型コロナウイルスの流行は、世のトイレ事情も変化させているようだ。最近では感染対策の観点から、特に衛生面に注意を払う人が増えている。たとえばトイレでは「ふたをしてから流す」ことを心がけるようになった人も多いのではないだろうか。

 だが、そうした新しい習慣にまだ慣れてないせいか、つい“うっかり”してしまう人も増えているようだ。

 スポーツジムに通う70代の女性・Aさんは、「“遭遇”する確率が明らかに増えました」と流し忘れの実情を話す。

「閉まっているトイレのふたを開けると、トイレットペーパーや固形物など、まだ流しきれていないものが浮いている……ということが増えました。ふたをしめて流すのはいいですが、全部流れたかどうか、流したあとにもう一度ふたをあけて、ちゃんと確認してほしいです」(Aさん)

 オフィスのトイレでも問題はあるようだ。30代の男性会社員・Bさんの会社は、社員が交代でトイレ掃除をすることになっている。流し忘れは、もともと一定数あったというが、コロナ禍のいま、Bさんは不快感をあらわにする。

「コロナ騒動になってから、トイレの衛生面にもすごく注意深くなり、手指の消毒はもちろん、ふたを閉めて流すことも周知徹底されました。でも、そうなると、本当に流し忘れが多くなったんです。うちの会社では社員が掃除をする決まりなので、必ずトイレに行かなくてはならないし、そのトイレも選べない。他人の流し忘れは本当に不快です。ふたを開けてびっくりするし、感染も怖いので本当に勘弁してほしい」(Bさん)

トイレットペーパーの「三角折り」が怖い…

 トイレ問題は、流し忘れだけではない。30代の女性会社員・Cさんは最近カフェのトイレを利用した際、トイレットペーパーの扱いに気持ち悪さを感じることがあった。

「トイレットペーパーが、三角に折りたたまれていたのですが、誰がどう触ったのかと思うと、気持ち悪くて……。きれいな手とか、手袋をした手で清掃したときにやってくれたのかもしれませんが、誰かが用を足したあとに折ったことも考えられる。三角折りは、コロナ前からいらない“気遣い”だと思っていましたが、コロナの今、あえてすることはないと思います」(Cさん)

 Cさんはそうしたトイレへの不快感から、商業施設などの公共トイレに行かなくなったという。

「流すときや手洗いは、センサーなどで直接触らないでいいことが多いのに、個室のドアは絶対触らなくちゃいけない。あれ、どうにかならないんですかね? できるだけ、手ではなくひじを使ったり、袖を介して開けるようにしていますが、だんだん外ではなるべくトイレに行かないようになりました。消毒液も設置されているだろうし、めちゃくちゃ清掃してくれているとは思うんですが……」(Cさん)

 避けては通れないウィズコロナ時代のトイレ問題。感染予防はもちろん、マナーとして流し忘れにはくれぐれも気を付けたいものだ。